本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学情報学部
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここから本文です

TOEFLについて

TOEFLについて

留学するにはTOEFLのスコアが必要になる大学があります。選抜試験の際にTOEFLのスコアシートを提出してもらいますので、留学希望者は準備をしておいてください。

TOEFLテストとは

英語を母国語としない人々の英語力を測る試験。米国の非営利教育団体The College BoardおよびThe Graduate Record Examinations Boardの委託で、米国・カナダの大学に留学を希望する外国人学生が大学での授業についていける英語力を有しているかを評価するため、1964年に米国非営利教育団体であるEducational Testing Service (ETS) が開発しました。

セクション 問題数・形式 時間 スコア
Reading 3-4 パッセージ 各12-14問
(1パッセージ 約700語)

  • 選択問題
  • 文を挿入する問題
  • グループ分けする問題 など
60 – 80分 0 – 30
Listening
マイク付き
ヘッドセット使用
2-3 会話(1会話 約3分) 各5問
4-6 講義(1講義 約3-5分) 各6問

  • 選択問題
  • 表を完成させる問題 など
60 – 90分 0 – 30
休憩10分
Speaking
マイク付き
ヘッドセット使用
Independent Tasks 2問

(準備:15秒 回答:45秒)

  • 好みと理由を問う問題
  • 支持する意見と理由を問う問題

Integrated Tasks 4問
-Read+Listen → Speak 2問

(準備:30秒 回答:60秒)

  • 要約する問題(大学生活を想定)
  • 問いに答える問題(講義を想定)

-Listen → Speak 2問

(準備:20秒 回答:60秒)

  • 要約する問題(大学生活を想定)
  • 問いに答える問題(講義を想定)
約20分 0 – 30
Writing
タイピングのみ
(手書き不可)
Integrated Tasks 1問
-Read+Listen → Write (150-225語程度)

  • 要約する問題
20分 0 – 30
Independent Tasks 1問
(300語程度)

  • 意見に基づき作文する問題
30分
Total 4-4.5時間 0 – 120

TOEFLに関する問い合わせ

・国際教育交換協議会(CIEE)  https://www.cieej.or.jp

TOEFL受験申し込み

・アール・プロメトリック(株)  http://www.prometric-jp.com/

TOEFL ITPテストとは

TOEFL ITP(Institutional Testing Program; 以下TOEFL ITP)とは、TOEFLテスト作成・運営元であるETSが提供するTOEFLテストの団体向けテストプログラムです。問題は、過去のペーパー版TOEFLテスト (TOEFL PBT) で出題されたものを再印刷して利用しており、スコアは公的なものではありませんが、TOEFLテストスコアと高い相関関係があります。世界中の教育機関等で利用されており、グローバルスタンダードの英語テストとして団体独自の目的に合わせた利用が可能です。

・TOEFL ITP:https://www.cieej.or.jp/toefl/itp/

TOEFL ITPテスト概要

  解答時間 問題数 最低点 最高点
Section 1 (Listening Comprehension) 約35分 50問 31点 68点
Section 2 (Structure and Written Expression) 25分 40問 31点 68点
Section 3 (Reading Comprehension) 55分 50問 31点 67点
Total 約115分 140問 310点 677点

※群馬大学TOEFL ITPテストを年2回実施しています。HPや掲示でお知らせしますので、確認するようにしてください。

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です