本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学情報学部
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここから本文です

お知らせ

2021.07.14ニュース
柴田博仁教授が「デジタル教科書の利点と課題」について北海道新聞にコメント を掲載しました

2021年7月14日発行の北海道新聞朝刊に「デジタル教科書 利点と課題は」という記事が掲載され、その中で柴田教授がデジタル教科書の学習効果への懸念を表明されました。

 

記事はデジタル教科書の利点と課題について、2人の専門家へのインタビューの内容をまとめたものになっています。そのうちの一人として柴田教授 (計算機科学) は、認知心理学的な実験結果をもとに、じっくりと考える必要のある場面でのデジタル端末の利用は子どもの理解や集中を妨げる要因があることを指摘しています。その上で、子どもに集中して考えさせる場面でのデジタル端末の利用に懸念を表明しています。一方、もう一人の専門家として、東京理科大学の渡辺教授 (教育学) は、紙とデジタルの使い分けを前提としながらも、デジタル教科書が児童に深い学びをもたらすものとして期待を表明しています。

 

今回の記事について、柴田教授は「2024年度からのデジタル教科書の導入に向けて、紙とデジタルの併用・使い分けの議論が深まることを期待する」と抱負を語ります。

 

記事の全文は、北海道新聞パスポートに登録 (無料) すれば、下のサイトで全文を読みいただくことができます。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/566818


ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です